おでんの屋台
odenya.exblog.jp

ラグナロクオンライン・odinサーバーに住むアークエンジェリングの悪うにゅうが見つめた日々の記録。
<   2005年 10月 ( 24 )   > この月の画像一覧
同盟考察~NT同盟~
ひとつの勢力として存在が認識できる中堅以上の層としては個性が非常に明確であり、春先にはC2を3ヶ月に渡って防衛し続けるなど、防衛力が際立って目立つ同盟だ。

傍目から見てもC2長期防衛のインパクトはかなりあったようで、しばらくプロからフェイまでを行ったり来たりしていた頃は「低迷した」というイメージが強くあったようだ。
まあ、結局はフェイヨン以上で戦うような同盟というものは一定以上の防衛力はあるワケで、攻めて容易に落ちるような同盟はほとんど無いと言ってもイイだろう。

しかし、そういう中で攻めて勝つ同盟も少なくないわけで、そうなってくるとNTの突破力の低さというものはやはり疑問視されるものであり、あれだけの勢力・防衛力がありながら何故低迷したのかと思いたくもなるものだった。

最も、最近は旧忘却系のギルドであるFrontier spiritが加入した事によって、一定の突破力は付いたのではないかと思う。
先週までゲフェンを連続防衛していたが、やはりゲフェン進出に成功したということは少なからず弱点の補強に成功した事に他ならない。

しかし、ではFFやCC同盟のような大手のように「取りたい砦を自在に取れる」ほどの力はあるかというと、それはまだまだであろう。
防衛力ならば間違いなく中堅では図抜けた実力を持ち合わせていると感じるが、突破力に関しては所詮発展途上だった忘却系のギルドを取り込んだだけである。
数はFrontier spiritのみでもそこそこ居るのだが、質という点ではまだ攻城戦向きのキャラは少ないように思う。

つまり勢力相応の砦を取り続けるには必要にして十分な力は付けたとは思うが、攻めて自在に戦況を操るほどになるにはまだまだ鍛錬が必要だろう。
まあ、安定して上位の砦は取れる同盟ではあるので、そこは恵まれた育成環境を活かした育成と言うものに期待したい。
[PR]
by arch_unyuu | 2005-10-31 20:00 | 同盟考察
攻城戦・今週の総評
それでは今週の結果いってみよう。
遂にアインブロク実装と新カード実装ということで、2月の転生実装以来久々に攻城戦関連でも大きな動きが今後ありそうな様相となってきた。

それとどれだけ関係があるかは分からないが、今週の攻城戦は遊ぶに支障を感じるほどではないが、ちょっと重かったな。

【プロンテラ:Valkyrie Realms】
[V1]舞桜花-eternal oath-
[V2]+ yggdrasil +
[V3]ほのぼのぼのぐらし
[V4]DICE
[V5]Mirabilis.
久々に熱いプロンテラであったのではないかと思う。
先週まではレースはV2一本かぶりであったが、今週はV3放棄の影響もあってレース会場がバラける展開となった。
よって、砦1つ辺りのコール数は若干少なめではあるが、常時プロンテラのコールを聞いているような、そんな気持ちの良い週であった。
いつもは荒れるV2が最終的にはyggの非破壊防衛という展開に落ち着いたのが心残りではあるが、全体的にはオレとしても嬉しく思う。

だが、V3でこぼこ同盟、結局アルデからは追い出されてしまったか。
1週だけでは何とも言えないが、次週以降もこのままに終わらないことを祈りたい。

【フェイヨン:Chung-Rim Guild】
[C1]Thawless Snow
[C2]∮蒼流∮
[C3]No Title
[C4]月と銀色と夢のかけら
[C5]EVE
C3C4が激しいレースとなったが、残りは動きはあるもののそれ自体は鈍い印象を受ける。
C2に闇夜同盟が出てきているが、戦力そのものはフェイでも十分な印象なので特別なインパクトは無い。
また、C4はレースの末とはいえ、EVEがC5と合わせて2砦など、やや堅い印象を受ける感じだ。
BoKは転戦したものの堅実にC1を取った模様。
C3はレースを制しての取得であるが、都落ちに近い形でNTが登場。残念なことである。

【ゲフェン:Britoniah Guild】
[B1]Ambivalence
[B2]Lost Soul
[B3]Freewheeling Life
[B4]Gildroiz
[B5]Sepia Colors
どうやらBHがNTを攻めて落としたようだな。
やはり大手としては一流の突破力を持っているようだ。
B2のRdLS同盟は堅実に完全防衛。これは強くなるな。
残りはいつも通り。

【アルデバラン:Luina Guild】
[L1]Field of dreams
[L2]迷宮組曲 ♯1
[L3]Stay free R
[L4]鏡花水月
[L5]ラグるな危険!
少々動きがあった。
レースと言うほど激しい流れではないが、刻一刻と城主の変わるイイ展開であると思う。
そしてその中でL4鏡花が約50分、L5忘却が約1時間20分の防衛を成し遂げたことが注目すべきポイントと見てもいいだろう。
どちらもアルデクラスの防衛力はあるということで、攻め以外にも今後注目して行きたい。
[PR]
by arch_unyuu | 2005-10-30 23:00 | Gv評論
同盟考察~Player Killer~
色々といわれてるギルドではあるが、結構ナメてかかってる人間が多いので警鐘を鳴らすつもりで書いてみるのも悪くない。
丁度攻城戦前だ。

まあ、コレも同盟ではなく単体だな。
今夏辺りにam/pmなるギルドから始まったギルドであるが、ap時代と比べると勢力というものは確実に増えてきている。
勢力は10人前後と言う人間はかなり多いが、オレが見たところ先週の時点で20人くらいは居るような気がするな。
つまり思っているよりはずっと多い。

中堅以上の同盟からしてみればまだ脅威となるレベルではないが、元々加入するような人物像が明確であること、またそれらの人物の絶対数・特性などを考えても、純粋な戦力のみで評価してもいずれ一大勢力となる可能性はあるだろう。

現時点ではマトモに砦を取って防衛できるギルドかというとそれは否だが、レーサー格のギルドとしてはレーサー上位に食い込む程度の質は持ち合わせているだろう。
主に最前線まで進攻しているのはやはりマスターと思われるオーラアサクロであるが、それ以外にもオーラを振り撒いているキャラや転生職をそこそこ見かけたように思う。
最近コールで上位に食い込みつつあるのがいい証拠だ。

やはりPKのように育成をBOTに頼るような人間は、あまりウィザードに手を出す事が無いため、では勢力が40人50人となった時点で防衛できるほどの力を付ける可能性はあるかというと、それはやや難しいかもしれない。
しかし、それでも少数ながらウィザードも居ないことはないようであるので、最後の10分程度の防衛とかならば、正攻法でも将来十分に出来るようになる可能性はある。
[PR]
by arch_unyuu | 2005-10-30 16:00 | 同盟考察
同盟考察~BoK同盟~
アルデにいる目立たない同盟だと思ってたら、いつの間にか強くなってたな。
最近は全体的に防衛有利の展開が多くなっているが、特にBoKがL4を長期防衛していた頃は重力の塩梅も酷く、防衛力があるなら防衛しない方がバカを見るような時代だった。

故に、硬いL4を陣取っていたBoKが防衛に回るのは当然という感覚であり、動かないアルデバランやプロンテラを象徴するような存在であると思っていた。

しかしフェイヨンに進出した現在、勢力としても少なくとも50人を数えるなど、フェイヨンレベルの同盟として考えても十分な戦力が揃ったと考えられる。
やはり、堅い砦を守っていたとはいえ、2ヶ月近くに渡ってほぼ同じ砦を守り続けていた防衛能力の高さは評価する以外にあるまい。
今後フェイヨンに拠点を構えるにしても防衛面では十分に勝負できるものと考える。

ただ、やはり動きの鈍いアルデバランと比べれば中堅や有力レーサーの開幕ダッシュという、今までに無かった要素も存在するだけに、C5を落とされた時、また転戦と相成る時は攻めてどれだけ通用するかというのが未知数である。

フェイヨンにスムーズに進出したとはいえ、元々はアルデバランの防衛勢力。
アルデに滞在するギルドというのは、大概攻守がハッキリしているか、何事もパッとしないような同盟であるため、今週はBoKが「一芸同盟」であるか否かを試される事となろう。

最も一度2時間オール攻めに回った週に鏡花・BoKのスペシャルユニオンの週があるが、攻めではあの鏡花と組んでイマイチだったこともあるから意外と苦手なのかもしれない。

一応、先週はC5以外でもコールは響かせてはいるものの、やはり可能性の高そうな砦を狙い打ちといった様相であり、突破力がどれだけのものであるかが見物である。
[PR]
by arch_unyuu | 2005-10-29 23:30 | 同盟考察
攻城戦・今週の見所
ふむ。
ネタが多いと何から手を付けていいものか迷うものだな。
いや、嬉しいことだ。

さて、今週は勢力に若干の変化が見られるだけに、動きのあった砦を中心にどう動くのかというのが見所だ。
やはりここはフェイヨンとゲフェンの動きに大いに注目して見たい。

外部的な要因ではあるが、クソ重たいパッチということで有名なアインブロクパッチがどれだけ攻城戦の重力に影響を与えるかも興味があるところ。

【プロンテラ:Valkyrie Realms】
最近は動きの少なさが特に目立つようになって来たプロンテラ。
V3V4以外は攻めれば落ちそうなものだが、誰も攻めないのだろうか。
[V1][×]Primavera
あまり有力とは思えないが、前回それで完全防衛されたからな。一応印だけは打っておく。
放棄の可能性の方が高いと思うが・・・
[V3][△] - ⅹ -
今V3を防衛している理由が何なのかが気になるところだ。
勢力を蓄えるために守りに入っているのなら・・・
元々の実力が高いだけに面白そうなんだが。
[V4][△]DICE
今週はフェイヨンにも出てきたからなぁ・・・どっちを守るんだが。
しかし、今までここしか守ってなかったものを、先週は動いたのだからこっちは捨てるかもしれんな。
[V5][△]Heaven’s Place
守りに入っているようだ。
先週落とされたものを取り返しているのだから、かなり本気なのではないか。

【フェイヨン:Chung-Rim Guild】
今週も混戦が予想される。
迷宮・EVE辺りがどう動くかがキモだ。
どちらにせよ、中堅3同盟+大手の動き次第では確実にあぶれるところが出るわけだから、大荒れの可能性は高いと見る。
[C1][△]Beat of dreams
先週に懲りていればフェイヨンに重点を置いた戦術となろうが、またゲフェンに出てしまえばフェイヨンすら怪しい。
今週は一見ゲフェンが甘そうに見えるだけに、動きそうだな。
[C2][○] Mist Wings
V4と悩ましいところだが、こちらに動いた事を考えればこちらに来るか?
[C4][放]Freewheeling Life
最終的にはゲフェンに戻ろうとする傾向が強いので、ここは放棄だろう。
[C5][△]Battle of Knights
勢力を考えれば十分にフェイヨンクラス、旧拠点のL4は防衛意識の高いでこぼこ同盟が入ったから、流石に戻ろうにも容易には戻れまい。
よって、十分にフェイに滞在する可能性はあると見る。
あとは防衛するか転戦するかどちらに出るかだな。
オレ的にはBoKのやり方を考えれば防衛と見る。

【ゲフェン:Britoniah Guild】
今週は新勢力RdLS同盟が居るだけに、ここがどう動くかでゲフェンとフェイヨンの戦況は様変わりする。
RdLSと連動して先週危なかったBH同盟がどう動くかを見るのも面白い。
[B1][○]まったり温泉 らぐな湯
先週迷宮とEVEを下したように、防衛力は満点だ。
余程の事がなければ落ちる事はあり得まい。
[B2][△]Lost Soul
規模を考えればCC・FFクラスの規模で攻められなければ落ちる事は考え辛い。
あとはこのゲフェンをRdLSがどう捉えているかが今週を占うカギになる。

【アルデバラン:Luina Guild】
少々動きが出てきたが、取った同盟を見れば意外と動きが無いとも言える。
さて、今週はどうなることか。
[L1][△]Brave seed
SLI同盟か。
ここを良く守っているから、守りに出るだろう。
だが、あまり信頼できるほどものではないと思う。
[L2][◎]闇夜に烏
ここに留まる様相を見せているということは、本命に支持できる。
なんせ戦力だけならアルデの中ではぶっちぎりだからな。
[L3][○]Law and order
防衛勢力としては最早常連。
あとは強力な同盟に攻められないことを祈るのみ。
[L4][○]ほのぼのぼのぐらし
防衛砦として有名である以上、意識も高いギルドが来たならば守る以外あるまい。
[L5][放]Murder Children
最近名前が売れてきた同盟だが、勢力的にはまだまだだろう。
守ろうに守れないものと思う。

取得ギルド・同盟予想】
【プロンテラ:Valkyrie Realms】
△- ⅹ -・舞桜花同盟・FM同盟
×忘却同盟
【フェイヨン:Chung-Rim Guild】
○BoK同盟
△FM同盟・RdLS同盟・迷宮同盟・EVE同盟
×闇夜同盟・BH同盟
【ゲフェン:Britoniah Guild】
◎CC同盟・FF同盟
○NT同盟
△BH同盟・RdLS同盟
【アルデバラン:Luina Guild】
◎闇夜同盟
○SSG同盟・でこぼこ同盟
△SLI同盟
[PR]
by arch_unyuu | 2005-10-28 14:30 | Gv評論
同盟考察~迷宮同盟~
中堅勢力としては結構長い間勢力を保ち続けてる感のある迷宮同盟。
最近Beyond the Skyが新たに同盟入りし、中堅勢力の中でも上位の規模を誇るようになったが、それ以外は比較的名前を知られるようになってからは、今年頭辺りからあまり同盟構成の変わっていない息の長い同盟でもある。

構成的には現在3ギルド同盟であるが、odinでは珍しいユニオンギルドを持っているため実際には6ギルド構成と多国籍色が強い。
このユニオンギルドというのは、それまで普通の同盟として同盟を構成していた4ギルドが合流して結成されたものであり、過去には同じくユニオンギルドの紫月道場-*Blazing*-(現在再編?)とユニオン同士の同盟であったこともあった。

オレ的には無駄な同盟を整理するためにユニオンギルドを作るという方法は、攻城戦の活性化策のひとつとして意味があることと思っているので、なかなかポイントの高い政策だ。
また、EMCを中堅は勿論、odin全体で見てもかなり早い時期に取得したのもこの同盟の特色の一つ。

まあ、戦略的・戦力的なギルドカラーというものは、ユニオン化や同盟の長期化もあってほとんど個別では差は感じられなくなっているな。
同盟全体を見渡してみても、どこも平均的といった感じで特徴は薄い。

防衛は規模が規模だけに一通りできる感じだが、似たようなタイプ・規模のRdLSと比べれば防衛型としての印象は薄い。
しかし、攻めるにしても闇夜や鏡花ほど攻めが上手いようにも思えないし、何とも微妙な感じであると思う。

結局、一時期伸び悩んでいたようにも感じたのはこの特徴の無さがあるのだろう。
特徴が無いなら無いで方向性が定まるまで地道に戦力の増強に勤しめばよいのだが、迷宮の場合はとにかくレベルの高いところで戦うことでそれを解決しようとしていたのではないかと思う。

ま、そういう経験というか戦略の差が今の微妙なライバルとの差に繋がっているのだろう。
勢いがあった分ここまでの成績は悪いものではないが、やはりここ一番という所では周囲よりも判断が遅いというか、とりあえず勢いで押し切ろうとする不安定さを感じさせる要因になっているとオレは考える。

幸いにもBtSの加入というひとつのターニングポイントとなりそうな出来事があったわけだから、この際思い切った方針の転換・明確化があってもいいような気がするな。
それができるのなら、更にこの同盟は強くなる、そんな余地は十分にあると思う。
[PR]
by arch_unyuu | 2005-10-26 23:30 | 同盟考察
アインブロク実装記念~新カードは攻城戦を変えるか~
そういえば今日はアインブロク実装と共に新カードも実装だな。
オレもたんまりと名刺を用意したから、特にLUK77以上の諸君は是非使ってくれ。
最も、オレを倒せればの話だがな。

折角なので、新カードの効果について、攻城戦への影響という観点から見てみようと思う。

オレが見た印象では、従来から存在するカードと比べると全体的にイロモノ的、限定的な効果を持ったカードが多いように感じる。
中には各種魔剣カードのように反則的な性能を持ったカードも存在する事はするが、そういうカードはBOSSクラスのモンスターのカードや、今回の新カードから登場する他のカードを組み合わせる事によって効果を発揮するようなカードばかりであり、攻城戦へ大きな影響を及ぼしそうなものは少ないように思う。

★組み合わせカードの是非
一部のカードは他のカードと組み合わせる事で効果が上がったり、新たな効果を得たりする事ができるものがある。
しかし、オレの印象的にはわざわざ他の装備のスロットを潰してまで組み合わせに拘る必要はないように思うな。

中にはサキュバス+インキュバスのように、その効果の恩恵を受けられる職ならばスロットを潰す価値もあるだろうかというような組み合わせもあるが、確率増加系の組み合わせはあまり効果的とは思えん。

しかし、効果の高い組み合わせほど潰せねばいけないスロットの数も多く、攻城戦に於いて例えば盾やローブ、鎧が絡む組み合わせの場合、敢えてタラフロッグ盾やレイドリックローブ、属性やアンフロ鎧を切ってまで達成しなければいけない組み合わせがあるかというと微妙である。

★精錬値によって効果の変わるカードの存在
ジェスターや九尾狐カードのように、特定の精錬値以上(以下)でそのカードの効果が変化するものも今回のパッチで追加される。
しかし、その効果は必要な精錬値などから考えて従来からのカードの上位互換的な効果のものが多く、従来から存在するカードの需要を一変させるほどの効果は無いと思う。

少なくとも、上記のカードならば+9以上の精錬値を持った装備に関しては明確な相場差となって表れるだろうが、ジェスターならばエルダーウィローに対してSPボーナスが付くだけ、九尾狐ならばウィスパーに対して念属性へのペナルティが無くなりAGIボーナスが付くだけと考えれば、廃精錬クラスでの従来からカードが既に組み合わされた装備は新カード特需を考えてもむしろ割安となろう。

それ以下のものに関しては既に出回っている「モノの数」というものを考えてみても急激に相場を変化させることは無いと考える。

また現在既に装備として完成されたものを持っている人間に関しても、今すぐ無闇な過剰精錬をしてまで新カードと組み合わせる装備を作る必要性も薄いと考える。
あくまでよりプラスアルファを求める人間のための廃装備の一部として考える程度で良いと感じる。

★エルダーカード
:ガーディアンにあたえるダメージ40%増加

ガーディアンか・・・武器カードだから3枚4枚と挿す事もできるから、最大では+160%か?
属性・種族カードも混ぜればもっと高くなるか。
しかし、ガーディアンなどレーサーなど規模の小さいところ相手にはそれなりの力を発揮するが、力のある同盟相手には気休めもいい所だからな、競って手に入れるものではなかろう。

★ストームナイトカード
:攻撃時低い確率のオートスペルでストームガストスキル1(2%)
:敵攻撃時20%確率で凍結にかかるようにする。

面白そうなカードだと思う。
オートスペルということは、詠唱が無いのか?
レベルは1ということで威力は期待できないが、SGはアンフロさえ無ければ絶対凍るからな。
だとすると、前衛が相手を殴りつつ周囲の足止めをするなんてこともできるようになるわけだ。

★ブラッディナイトカード
:攻撃時低い確率のオートスペルでメテオストームスキル1(2%)

コ レ 役 に 立 つ の か ?
MSが使えるのは良いんだが、レベル1とは隕石が2発しか落ちてこないことになるが・・・
MSの特性を考えれば、確実性も無い。
当たればスタンの可能性こそあるが、SGと違って絶対ではないしな。

考えられる使い方は・・・うーん。
ロキ地帯でオートスペルが発動するのならやっぱり前衛が持っていれば効果があるかもしれん。

★ロードオブデスカード
:一定確率で敵対象にコーマ
:敵攻撃時一定確率でスタン・呪い・沈黙・毒,出血にかかるようにする

新カードの中ではこれが一番攻城戦に影響がありそうだ。
たった1枚で状態異常武器が作れる上、コーマまで使える可能性もあるからな。

入手できれば素晴らしいが、如何せんBOSSカードだ。
LODの強さや確率を考えれば相当な高値は避けられないだろうな。

★タートルジェネラルカード
:剣士系列キャラクターが着用時、攻撃時一定確率でオートスペルマグナムブレイクスキル10

MB10自体は普通に取ればネタスキルに近いが、カード1枚でそれもオートスペルとして習得できるなら意外な使い道がありそうだ。
Wiz地帯に突っ込んで行ってただ殴ってるだけで最大レベルのMB(範囲攻撃)が出るわけで、なかなか面白いと思うぞ。
剣士系限定とはいえ、マトモに大魔法地帯を抜けて行けるのは剣士系くらいだから、攻城戦用途に限っては大した問題になるまい。

★ごっついミノタウロス・キラーマンティス・ブリライト・デーモンパンク他
物理ダメージを受けた時云々という、カウンター的に状態異常を起こさせるカードだな。
防衛側の人間が着ると面白いカード群かもしれないな。
特にスタン効果を持つカードがごつミノになっているので、量産もそこそこ利きそうだ。

★リビオカード
:物理ダメージを受けた時、敵に10%の確率でスタンをかける。
:DEXが77以上である場合、30%の確率で敵にスタンをかける。(3/15効果修正)

OWNを見ながら考えているんだが、修正となっているヤツは修正項目に効果が変更されているのか?
その辺りは分からんが、DEXが高い職となるとウィザードやセージ、あとは弓手系だな。
各種属性鎧やアンフロとの兼ね合いはあるが、意外な一撃という意味では面白いかもしれん。

★ペストカード
:物理ダメージを受けた時、10%の確率で敵に石化をかける。
:INTが77以上である場合、30%の確率で敵に石化をかける。(3/15効果修正)

魔法系の職が着てると効果がありそうなカードだな。
特にマジ系は意外と狙われやすいので、カウンター的な効果を持たせるのに面白い気がする。

★アークエンジェリングカード
:MHP + 300
:LUKが77以上である場合、HP回復力とSP回復力が100%上昇

オレのカードだ。
是非使っていただきたい。

★ダークイリュージョンカード
:MAXHP-10% MAXSP-10% キャスティング時間10%減少
:ダークロードカード着用時、キャスティング時間20%減少

ウィザード御用達といった感じか?
元からHPの低いWizのHPが更に10%減ったって大した問題にはならんだろう。
SPだって同じ事が言える。
やはりココはキャスティング時間減少とDLカードとの組み合わせに注目すべきだ。

★ダークロードカード
:物理ダメージを受けた時、一定確率でオートスペル[メテオストーム]スキル5
:ダークイリュージョンカードを着用時、MAXHP+20% MAXSP+20%

カウンター発動のMS5も面白いが、やはりDIカードとの組み合わせ効果が素晴らしいな。
潰れるスロットも兜と靴と、比較的影響の低い場所だ。
しかし、性能的にはウィザード専用といった感じではあるが。
まあ、柔らかいウィザードを少しでも堅くするには面白いと思う。

★土精カード
:攻城戦時ガーディアンに受けるダメージ50%減少

エルダーカードと似たような存在だなぁ・・・
ぶっちゃけガーディアンなんてウザイのは遠距離攻撃でかつ命中率の高いアーチャーくらいで、残りは大して障害にはならん。

★マヤパープルカード
:ハイディングやクローキングをしたモンスターが見られる。

表記には無いがチェイスウォークも見破れるらしいな。
ハイドクロークしたアサシンローグはなかなか手強いからな。
手に入れば有益なカードと言えるだろう。

全体を見て、有益なものはやはり希少なモンスターだったりBOSSカードばかりだな。
「あの方」がやってきそうだ。
[PR]
by arch_unyuu | 2005-10-25 17:00 | RO全般
同盟考察~RdLS同盟~
今週はフェイヨン勢が大挙してゲフェンへ押し掛けただけに、その辺りを中心に色々と耳寄りな情報を寄せていただいており、非常に嬉しい。
今回はその中堅勢を中心に話をしていこうかと思う。

RdLS同盟、今の体系になってからのイメージはやや薄い感じだった。
フェイヨンに常駐していたのは知っていたが、積極的に打って出るタイプでもなく、過去に大きな実績があるわけでもなく、イマイチ掴み所が無い感じだった。

強いて言えば、Lost Soulは出てきた当初は結構な攻めギルドだった気がするな。
今年頭に色々あったフミキリから出たメンツが結成したと噂のあったギルドもここだっただろうか?
少なくとも、名前が売れてきた段階でそこそこの勢力だったと記憶しているので、RdLSの土台となるには十分な実力を兼ね備えているものと思われる。

あとはbleu de vant、ここは昔はレーサーギルドとして有名だったと記憶している。
Raison d'etreはエンブを見ると、どこかで見た事があるんだが、どこだったかな・・・

まあ、結局は防衛志向の同盟の常で、現在のゲームバランスでは人数以上の強さを見せる同盟ということだろうか?
RdLS同盟、正確な人数は分からないが最低でも50~60名前後は所属していると考えられる同盟であるので、防衛すれば中堅同士なら負ける事は無いだろう。

だが先にも述べた通り、元々攻撃的な性格のギルドも含んだ同盟であるので、防衛志向が強い所には珍しく規模に見合った突破力もあるのではないかと思う。
今回のゲフェン進出も結局は放棄砦であったB2をかっさらった形ではあるが、それ以前の最初の1時間でいくつかの砦を攻め回って結果を出していることからもそれが感じられる。

今後の考察であるが、規模・質の面では大体迷宮・EVE辺りと横並びであろう。
今回は賢明な判断により、それらの同盟を突き離すことに成功したが、横並びから抜け出すには今回のゲフェンを足がかりとして、質的な強化を図る事が近道であると思う。

数的には同盟枠はココは4つ全て使い切っているところだけに、同盟内で同盟再編に繋がる機運が無ければ新たな同盟先を得て飛躍する可能性は低い。
所属人数やギルドの歴史から推測すれば新規の人員を確保する余力もそこそこは残っているとは思うが、新規の人間の加入率・定着率というものも思いの外低い。

よって、様々な幸運を得たFF同盟や、元々質の高いもの同士が同盟を組んだFMF同盟のように急激に頭角を表すことは無いと考える。
同盟内の結束はかなり強い同盟と見受けるので、そこはゲフェンという良い環境を足掛りに今までのような地道な努力を重ね、一つの勢力となってもらいたいものだ。

上手くゲフェンに進出で来た今後は色々とマークも厳しくなる事と思われるが、そこは頑張っていただきたい。

★追記
色々と寄せていただいた情報からRaison d'etreは元ふぁんた同盟系ということだが、ふぁんた同盟というとプロンテラ辺りで良く見かけた同盟だな。
プロクラスの同盟の中ではそこそこの強かったイメージがあるが、ギルドこそ違うがコールは良くされていた感があるので、やはり元々は攻め色の強い所と言えるだろうか。

防衛続きということは、RdLSとなった今はその面を強化しているということにもなるだろうが、やはり今回のように攻めに回ってもソコソコいけるというのは、過去の名残なんだろうな。
[PR]
by arch_unyuu | 2005-10-25 06:30 | 同盟考察
躍進の原動力とは?
今週の結果を鑑みると、オレが持ってる同盟へのイメージというものを見直す時期が来ている事を痛感した。

だが、このような変化は歓迎すべき変化である。
こういう方向でならば、どんどん予想を裏切ってほしいものだ。

では、今回のキーワードが何かというと、それは「防衛力」と「持続力」であろう。
今回ステップアップを果たしたRdLS同盟やBoK同盟というのは、防衛や同盟の安定化に重きを置いて着実に戦力と経験を蓄えていたように思う。
でこぼこ同盟も今はまだアルデバランだが、これらに近い同盟ではないかと思う。

やはり堅実性を重視するからこそ相手を良く知ることもできるのであろうし、穴場の発見やレースの平定に繋がるの行動もできるのだと思う。
そして何よりも飽きが来やすいとされる防衛をメインにしながらもメンバーの士気を維持させた統率・運営能力は褒められるべき要素である。

これの逆を行く同盟というのも当然存在する。それは迷宮同盟である。
迷宮は以前から勢力の割りにレベルの高い砦を狙い続ける傾向が強い。
今までは勢いで押せていたのかもしれないが、相手にもそれ相応の力がある環境で戦うならばそれも通用しない。

やはり、より上位へと歩むのであれば戦況を正確に見極める力があってこそ、今より上のステップへ進む事ができると思う。
そういう観点から、迷宮同盟は今一度、同盟の本当の実力というものを計り直す時期に来ているのではないかと思う。

今回のBdLSとBoKの躍進と、でこぼこ同盟の着実なステップアップを見ていれば「攻めなければ士気を維持出来ない」という言葉が、中堅以上への道の中で如何に詭弁であるかを物語る。
本当に強くなれる同盟というのは、数や質以上に見識のある同盟であるということが、今週明らかになったのではないだろうか。
[PR]
by arch_unyuu | 2005-10-24 00:00 | 同盟考察
攻城戦・今週の総評
まず最初はお詫びから。
先日「ewig Blumeが解散した」という記事を書いたが、これは同盟脱退であったという間違いである可能性があるようだ。
読者と関係者の皆様に多大な御迷惑をお掛けした事を謹んでお詫びいたします。

それでは今週の攻城戦を振り返ってみよう。
今週は結果を一読して、今オレは非常に興奮している。
このような熱い攻城戦が最近あっただろうか?

そして今週はアインブロク実装前最後の攻城戦となった。
ここ最近は快適なサーバー状態が続いているが、来週以降また重くなる可能性も否定できない。

【プロンテラ:Valkyrie Realms】
[V1]Primavera
[V2]Luminous Beast
[V3] - ⅹ -
[V4]DICE
[V5]Heaven’s Place
V3~5が動いていないな。今週は全体的に激しいレース傾向だっただけに、プロンテラでのレース衰退がより鮮明になった結果と言えよう。
最もV5は取得合戦が少々あったようだから、意外に舞桜花同盟とは力のある同盟なのだろうか。

【フェイヨン:Chung-Rim Guild】
[C1]Beat of dreams
[C2] Mist Wings
[C3]Dance in The Dark
[C4]Freewheeling Life
[C5]Battle of Knights
今週は大乱戦だ。
C1EVE・C2C3迷宮はゲフェ攻めに全軍を割いたらしく放棄、C4鏡花も予想通り、C5RdLSまで放棄と軒並み放棄となったため、非常に熱く荒れた展開となった。
僅かにC1にEVE同盟が残った形となったが、全砦でレースがあり、残りは全て入れ替わってしまった。

トピックスはC2にFM同盟が登場、久々の2砦となった。
戦力的にはやはり抜けているのだろうか?

そしてC5になんとBoKだ。これは驚いた。
防衛時間も1時間と長く、着実に実力を付けている模様。
そういえば、ベースにもかなりの数が居た気がするな。最低でも50人くらいだろうか?

【ゲフェン:Britoniah Guild】
[B1]まったり温泉 らぐな湯
[B2]Lost Soul
[B3]フΞ‡リノ├⊃□〒冫
[B4]Gildroiz
[B5]BraveHeart
結果的にはFF同盟がB3に返り咲き、B2のRdLS同盟が目立つ程度だが、今週は嵐が吹き荒れた1週間であった。
迷宮・EVE・RdLSの中堅3同盟が揃ってゲフェンに進軍したらしい。
結果的にはEVEはフェイに押し戻され、迷宮は宿無し、RdLSのみが結果を残す結末となったが、非常に熱い。

そういえばB5は結果的にはBHが取っているが、砦の性格を考えればレースで辛うじてと見るのが正しいだろう。
これは面白くなりそうだ。

【アルデバラン:Luina Guild】
[L1]Brave seed
[L2]闇夜に烏
[L3]Law and order
[L4]ほのぼのぼのぐらし
[L5]Murder Children
今週はアルデバランにも動きがあった。
でこぼこ同盟はL1からL4に移ってるな。
BoK放棄の結果とはいえ防衛時間も長く、今後に期待が持てそうな結果だ。

L2L3は完全防衛。
まあL2はアルデクラスではダントツだと思うし、L3は防衛志向が強いから当然だろう。

残りはL1L5はレース臭いな。
こういう姿が本来のアルデバランではないだろうか。

【レーサー:Racers】
今週は特にフェイヨンが全砦放棄という驚くべき結果になったので、レーサーの活動は非常に活発なものとなった。
また、しばらく動きの少なかったアルデバランでも変化の兆候があり、好ましい傾向と言えるだろう。
ただ、プロンテラは相変わらず鈍いので、今後はレース砦のメイン会場は移り行くのではないだろうか。
[PR]
by arch_unyuu | 2005-10-23 23:00 | Gv評論