おでんの屋台
odenya.exblog.jp

ラグナロクオンライン・odinサーバーに住むアークエンジェリングの悪うにゅうが見つめた日々の記録。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
<   2005年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧
ユニオン論
よお。どうやらオレの出番が回ってきたようだ。
最高にエキサイティングでファンタスティックなイリュージョンを皆にお目にかけよう。

さて。

先の鏡花・BoK同盟は1周限りのスペシャルユニオンということが判明した。
非常に残念だ。

しかし、ユニオンギルドの形の一つとして、なかなか面白い試みであったと言えよう。
そこで、今回は最近増えてきたユニオンギルドについて話してみようかと思う。

odinサーバーでいうユニオンギルドとは、主に小規模ギルドが複数集まって一つの勢力として攻城戦に参戦するスタイルを言う。
有名なところでは迷宮同盟の迷宮戯曲、元レーサー連合で現・迷宮同盟の紫月道場-*Blazing*-があり、現在迷宮同盟は珍しいユニオン同士の同盟となっている。
かつては所属ギルドが多い事で有名だった旧忘却同盟なんかもユニオンを同盟末期に持った事があったようだが、残念ながら忘却同盟は現在は解体・忘却単独でのGv活動となっている。
また、過去にも幾つかのレーサーユニオンが存在した。

ユニオンギルドの最大のメリットといえば、何と言っても複数の小規模ギルドを一つのギルドにまとめ切れてしまうところにある。
勢力として成り立たないようなギルドでも、それが寄り添えば一つの有望な勢力となる。
指示系統の効率化が達成できることも大きなメリットの一つだ。
もちろん、ギルド間でのコミュニケーションやギルドマスターキャラの扱いなど、弊害も無い事は無いということは考慮しなければならないが。

現在のGv戦線がレース不在・大手中堅の独壇場となっている影には、やはりその下を支える中規模勢力が不在となっている事が大きいだろう。
同盟枠というものは4つあるわけだが、その枠を名前だけは4つ、もしくはそれ以上埋めてしまっている同盟はodinには数多い。
しかし、現状を見てみるとどうだろう?ギルド拡張を全く取っていないと仮定しても4ギルドで最低所属できる人間は60名、しかしその枠を埋め切るほどの人員が所属している同盟がどれだけあるだろうか?
出席率やギルドの方針などもあるだろうが、一丁前に3同盟4同盟を名乗っておきながら50人すら怪しい同盟も少なくはない。

結局、そういう小粒な同盟が乱立しているから、現状のような「つまらん」と評される攻城戦が展開されるわけであって、いわゆるレーサーや発展途上格とされている同盟の質や規模がもう少し改善されればより熱いGv戦線が生まれることへの想像は難しくない。

その現状を解決する策がユニオンギルドであるとオレは考える。
少なくとも今名のある同盟ならば、ギルドレベルは10は下らんギルドが一つは所属していることだろう。
そういうギルドをベースに、ユニオンギルドを一つ作って人員を詰め込めば───恐らく、それだけでかつての4同盟が纏まってしまうような同盟がほとんどではないだろうか。
そして、無駄に食っていた分の同盟枠が空く。

そしてこういったユニオン同盟同士が新しい同盟を組み、一つの新興勢力として存在を顕わにしてゆき、古い同盟が抜けた穴に更に未知の新しい勢力が入り込んでゆく───理想的ではないだろうか。

例えば、現在ユニオンギルドとしては最大勢力であろう迷宮同盟も、かつては同盟内だけで5ギルドが乱立する同盟であった。
しかし、迷宮戯曲の纏まった今は旧迷宮の流れを汲むギルドは2ギルドに纏まってしまっているのだ。
如何に同盟枠の無駄遣いをしていたかが窺い知れる結果だ。

そういえば、年始~夏前までに掛けて一大勢力となっていた田代同盟も、ユニオンとまでは行かなくても、そういった同盟の効率化を経て生まれた同盟ではなかったか。

このように、ユニオンギルドは同盟の効率化だけでなく、新たな同盟を生む可能性を秘めた面白い考え方であるというのが、オレが達した結論だ。
[PR]
by arch_unyuu | 2005-08-30 16:18 | 同盟考察
同盟考察~鏡花・BoK同盟~
最近枝で呼び出されることが少なくてヒマで困っている。
プロンテラの皆様にオレの勇姿を披露できないのが残念で仕方がない。
オレが再びプロ辺りに降臨した暁には、今日のGvの重力など吹き飛ばすくらいの超重力を発生させてしんぜよう。

さて。

FMFに続いて大型同盟の誕生だ。
今週の攻城戦開始直前にこの情報が飛び込んできてな、非常に驚いている。
正確な数は分からんが、恐らく50名以上は確実に在籍する同盟だろう。

しかし、旧鏡花・BoK共にオレ的にはやや印象が薄いギルドだ。
鏡花はほぼレーサー~発展途上と言えるレベル、BoKだってそれほど質に違いはないだろう。
(追記:Odinwikiで過去の実績を調べてみたが、やはりその程度のようだな)
曲がりなりにも中堅以下の層の中では上質な戦力の揃っていたFMFとは少々話が違うと言わざるを得ない。

ぶっちゃけて言ってしまえば、この同盟は数だけの発展途上同盟だ。
乱戦になっている砦をかき回すには十分過ぎるくらいの戦力・数が揃っていると思うが、いざ防衛となると些か心許ないとしか言いようがない。

今回はチュンリムの2番砦に転戦してきたところを確認したが、かなりの大勢を率いて乗り込んでいた割には、いとも簡単に防衛同盟や先着同盟に跳ね返されていた様子だった。
50名オーバーの超大型同盟といえば、総力を挙げて乗り込めば砦の1つや2つ落とす程度は余裕の同盟が揃う中、チュンリムで攻め切れなかったこの同盟はある意味かなり異質だ。

しかし、このところ大きな動きの続いているOdin攻城戦々線にあって、またひとつ大型の同盟が誕生したことにオレは非常に大きな期待を抱いている。
この同盟の将来に幸あらんことを祈る。
[PR]
by arch_unyuu | 2005-08-28 22:26 | 同盟考察
同盟考察~FMF同盟~
イカン、茶をこぼしてしまった。
まあコーヒーやジュースよりはマシだな。

さて、昨日の続きで今注目の同盟・FMF同盟についての個人的な印象を語らせてもらおう。

ここの記事にある通り、FMF同盟はFLDとMW同盟がくっ付いて出来上がった同盟であることは周知の通り。リンク先のSSにもある通り、その数が非常に話題となっている。

ぶっちゃけodinのGv戦線は大手格の同盟に挑むのでなければ数さえいればどうにでもなる。
というのも、内部の人間の質は昨日も言った通り、大手以外はある程度の勢いを持った同盟であれば大した差はない。
故に70~80人ほどの人員を集めることに成功したFMFはこの点で非常に有利となった。

しかし、双方共にやや攻め重視の姿勢の強かった者同士の連合であるため、オレがこの同盟で心配しているのが防衛面だ。
FLDなんかはその際たるもので、VIT前衛の質、つまりは突破力の高さはピカイチだが、反面防衛面での印象がイマイチ薄い。
旧MF同盟もここ最近はレーサー的な動きが多かったが、全体の印象としては目立った所の無い平凡な同盟だった。
田代と袖を分かつ存在である以上、数はそこそこ居る事は間違いないんだが、見事に戦力が平均化されていて、一芸に秀でた面はなくメンバー自体の層はあまり厚い印象が無い。

つまりは全体的に戦力の底上げは成されているが、バランスとしては恐らく攻めが突出して高い、レーサー~発展途上の延長線上にあるような印象のある同盟であると感じる。
中堅以下同士の争いであれば、数さえいればなんとかなるというのはオレの持論だが、やはりバランスの欠いた同盟であるというイメージがどうもオレの中では強いのがFMF同盟だ。
FMF以下の数しか持たない同盟は歯が立たないだろうが、CC・BH辺りに本気で攻められた時は数ほどの強さを見せる事は無いとオレは予想する。
[PR]
by arch_unyuu | 2005-08-27 06:04 | 同盟考察
転生職について
初めてのネタということで、まずは当たり障りのないところから攻めてみよう。

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/game/22320/1114875483/r509
>普通に地味な同盟になると思うが。
>というかFLD新同盟もそうだが、普通に中堅同士がくっついても大手に比べると
>Gv職&転生職少なすぎ&職が偏りすぎで烏合の衆って感が拭えない。

確かにコレは後に>>519が言ってるが、発展途上↑のギルドだとかなりのところまで成長した転生職やGv職というのは確実に存在する。
オレの知り合いや同盟の中にも80台後半以上の転生職や90台~オーラのGv特化職は掃いて捨てるほどいるからな。

また、(あまり強くはないが)ハイウィザードなどは90台まで行ってるのは何もCSやBHのようなブリトニア常連組じゃなくてもゴロゴロいると見ていい。
転生職は確かに必要経験値の量こそ増えてはいるが、結局転生前のペースで狩りをしていると意外にレベルは上がるもので、のんびりやってても春頃までに転生した人間は軽く80台を超えるものだ。

同盟間の実力的にも、odinの攻城戦々線を見ている限りでは、実力的に抜けてるのがCC・BH・FFくらいで、あとは実力的には横ばい=数の勝負と少々のキャラ以外の部分での質の差であると思っている。
ChaosやIrisのように大手や中堅の中で更に格付けが細分化されるほどOdinの攻城戦々線は盛んではないし、また人数的にもこれ以上の盛り上がりを期待するのは酷だろう。

だから、先日同盟を組んだFMF同盟は数的には他よりも頭一つ抜けたワケで、odin攻城戦々線はひとつのターニングポイントとなる可能性はある。
まあ、それはこれで安定ブリトニア組となれるなら、の話であって、旧田代同盟のように短期間で崩壊するようならば話は別だ。

では、大手~中堅とそれ以下の同盟の何が違うというと、やっぱりそれは質や数によるものだろう。
確かにある程度の勢いを持つ同盟ともなると、比較的高レベルの転生職やGv職というものはゴマンといる。
しかし、以前からコツコツとやれてる転生前の職はともかくとして、戦況を左右しやすい前衛系の転生職っていうのは、後衛や支援職と比べれば成長がどうしても遅くなるし、装備でもその強さは全く変わってくる。

狩りというある意味一定の条件では有利な転生職も、中堅↓のあまり資産的にも環境的にも恵まれていない同盟の転生職は、対人・攻城戦ともなると、HPが高いだけの形だけの転生職も同然であるとオレは考えている。

ガッチリと特化装備で固め、ADでしっかりとGv特化型にギルドぐるみで育成できるブリトニア組に対して、中堅↓のギルドっていうのはどうしてもギルドぐるみで育成してもブリトニア組ほどペースは上がらないし、かといって個人でシコシコやれば少なからずとも狩りステが入って攻城戦では不利になる。

ウチの同盟なんかでも結局、エンペブレイカーのバーサクLK以外はあまり普通の二次職との違いが感じられないものだ。
まあ、2-1次職の転生職ばっかりだからそう感じるのかもしれないが。
むしろ、そういう環境の整わない同盟の場合、まだ高レベルキャラは未転生の人の方が多い分、そっちの方が強いんじゃないかと思うくらいだ。
[PR]
by arch_unyuu | 2005-08-26 09:10 | Gv論