おでんの屋台
odenya.exblog.jp

ラグナロクオンライン・odinサーバーに住むアークエンジェリングの悪うにゅうが見つめた日々の記録。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ:Odin全般( 21 )
おでんの屋台1周年記念特別記事~ROの行く末~
よお。久しぶりだな。
しばらくお休みを貰っていたが、今回は1周年ということで少々語らせてもらおう。

さて、オレがしばらく寝ている間に大小のうねりはいくつもあった。
新職業の実装で攻城戦のバランスが変われば、いつの間にやら解散・再編劇が折り重なり、気が付いてみれば昔の姿のまま存続しているギルド・同盟のなんと少ないことか。
ガンホー本丸の社員がRMTに手を出して逮捕されたことなんかもあったか。

そういえば、「稼げる」ということで評判だったが、Mobの激烈さが問題だった生体Dも、攻略法が発見された現在、そちらに流れたと思しき人間も多く、ゲフェンADという存在のある攻城戦そのものも明らかに賑わいは陰っている。

しかし、それらの要素を鑑みても、解散・再編と言ったところでイザ新しい顔を見てみれば旧勢力とあまり変わり映えしない顔触れが揃っていたり、CSのように解散はしたがいつの間にか別の顔を持って復活していたりと、結局は「廃人」と称される人間のサイクルはROの中で完結している例が多い。

実際、オレの回りでも「新しいメンバーが増えた」と聞いて会ってみれば「どこかでお会いしましたか?」というような人間は少なくないし、攻城戦で合わせる顔にしても知らない人間の方が少ない状態だ。

まあ、ROそのものも次回作であるRO2の発表を控え、本当の意味での末期状態に突入しつつある現在、ヘタに新規参入者に媚を売るよりも、そういう廃人がより深く楽しめる要素を追加する方が人は繋ぎ止められるという戦略は正解とも言えなくはない。

ラグナロクオンラインというゲームのプラットフォームはもう5年も前に築かれたものである以上、ゲームとしての新鮮味や話題性も無ければ、各職ともに育成パターンや攻城戦の作法のようなものが完全に確立していたり、ゲームシステムの盲点を忠実に突いた不正が出回っているようにシステムとしても枯れ切っている。
結局、そんな中でもゲームを続けてくれる人間というのはヘビーゲーマーしかいない。

とはいえ、攻城戦が活気を無くす中で限られたパイを喰い合う現状も少々食傷気味であるし、徐々に減っていく人を見ているのは仕方ないとはいえ寂しくもある。
[PR]
by arch_unyuu | 2006-08-28 00:30 | Odin全般
リヒタルゼンを考える(2)
さてリヒタルゼンだ。
今日はメンテもそれに伴って延長されているから、ヒマでイカン。

さて。

先日は新たに実装される新要素の部分に絞って攻城戦にどういう影響が出そうかを考えてみた。
しかし、スキルやマップ、アイテムといったモノを利用するのは、最終的には我々なのである。
つまり、人間がどう考えるかこそが攻城戦に於いて一番大きなファクターである。
今回はその方向から考えてみよう。

★リヒタルゼン実装で本当にADの価値は下がるか?
現状のADというのは、最もマズいとされるプロンテラADですら、通常狩場に換算すればトップクラスの経験値効率を叩き出す事が可能であり、ゲフェンADともなれば通常の2~3倍は楽に稼げる羨望の的である。

しかし、今回のアップデートで登場する新ダンジョンは利用条件があるとはいえ、そのゲフェンADを上回る経験値と金銭効率を誇るラグナロクオンラインの最終到達点とも言えるほどのシロモノであるという。
それをして、有名なところではBOTNEWSさんなどが悲観論を述べていたりもする。

確かに相対的に見れば今まで最も美味かったマップ以上の効率を出せるマップが来るのだから、相対的にはADの立場というものは下がるかもしれない。
だが、相対的には下がっても絶対的には美味いマップであることには変わりないし、やはり少数の勢力でほぼ独占的に自由に利用できる、というのはADのこの上ないメリットであると考える。
それを考えれば、どんなに美味くともリヒタルゼンはレベル制限があるとはいえ最終的には誰もが行ける「一般マップ」であり、ADほどの無茶が許される場ではないだろう。

つまり、普段の狩りで出向く「一般狩場」としては異次元に美味いところなのかもしれないが、やはりGvギルドが良くやるギルド単位の育成場としてはADの利用価値は高いままだろう。

★モチベーションへの影響
やはり、最終的にはプレイヤーのモチベーションこそが攻城戦の行く末を左右する要素である。
では、効率的には最高に美味いかもしれないリヒタルゼン、プレイヤーにとっては「AD不要論」、転じて「攻城戦不要論」まで到達するのだろうか?

それはオレは否と見る。
まあ、ウチが攻城戦関連を扱うブログだからというのは一先ずナシにしてくれ。

韓国本国では確かにそのような衰退の引き金になった、というような話は聞く。
しかし、韓国でのラグナロクオンラインというのは「すでに終わったゲーム」であるが故、ちょっとしたキッカケで引退が続出する状況であるということを留意する必要がある。
それからしてみれば、徐々に衰退傾向があるとはいえ登場から4年近く経った現在でも未だにトップクラスの接続者数を誇る日本の状況と比べるのは間違いであると考えている。

また、攻城戦というのはそういうADや宝箱などの要素以外にも「大規模な対人戦」という一つのイベントであることを忘れてはならない。
攻城戦を支えているのはGvギルドのメンバーだけでなく、その周囲で様々な論評を行ったり、はたまた議論をしたり、黙々とデータの収集をしているような人間も居る。
つまり、レベルを上げることにしか興味のない人間しか居ないワケがなく、そういった直接戦いとは関係の無い部分を味わい尽くすことも出来るから賑わっているのである。

Gvギルドの人間にしても、たとえプロであってもアルデであっても、安定して砦一つを取るために必要な努力というものは相当なモノが必要なワケであり、それこそ熱意のある人間でなければ続けていけるモノではない。

もちろん、効率がリヒタルゼン>ADとなるならば、そういう効率にしか目の行かない人はお遊び感覚で参戦、または出席率の低下のような明確なマイナス作用が出るかもしれない。
しかし、少なくとも「効率厨」の欲望だけで攻城戦を動かすことは出来ない。

つまり、影響としては確かに一時的にはご祝儀的な狂乱はあるかもしれないが、遊び・イベントの一つとしても攻城戦というものは機能しているワケであり、またそれを楽しみにしている人間も数多いのだ。
少なくとも、攻城戦を支える「土台」はかなり強固であると思うし、早々に衰退は無いとオレは思う。
[PR]
by arch_unyuu | 2006-03-14 15:30 | Odin全般
論説:明日を読む
ちょいと去年の8月や9月辺りの記事を読み返してみたが、やはり当時は防衛が多かったな。
まあ、当時はEMC実装直後で今のように有効に使いこなすどころか、取得すら怪しい同盟ばかりだっただけに、古きよき時代の防衛戦略が成り立っていたということか。

しかし、当時は例えばL4やV3といった下位の砦でも比較的硬い砦を長く守る同盟が居るなど、割と現在と比べて下位層が厚い状態であることに気付かされる。
そういう戦線の中心に居たのが現在のねこ(当時:BoK)同盟であり、でこぼこ同盟であり、MADB同盟(当時:MAA同盟・DB同盟)であり、当時からそれなりに目立ってはいたが、今やフェイヨン~アルデバラン辺りで活躍する同盟まで成長してきている。

だが、それらの同盟が現在フェイやアルデで戦うようになった今、それらの同盟に続くところはでてきているのか?という疑問である。
こうして勢力を見てみると、それらの時代以降に一瞬でも完全な新規勢力として成立した同盟は上級と流星程度で、それも今年に入ってから頭角を現したり、本格派の戦線に名乗りを上げ始めたようなところである。

その間にも解散したり再編があったりした同盟の方が数的には上回っているわけで、全体的に同盟の上位の顔触れは全く変わったが、実際には新顔はほとんど居ないし、同盟の数そのものも減ってきている。
しかしそういう風に減った分、新たな同盟が出てきたかと言うと当然否だし、ではレーサーはとなっても、やはりコール争いをしている面々を見ていても新顔らしい新顔は少ない状態であるワケで、もしかしたら相対的に攻城戦の戦力層は薄くなっているのかもしれない。

勿論、EMCの有効な活用法だとか、大型同盟への戦力の集中だとかで小規模同盟には不利な状況が続いていることもあるが、それ以上に新しい同盟が出てきていないというのはかなり問題である。

つまり、こういう流れが続く限りはゲフェンやフェイヨンといった上位層が集まる砦の戦況はより賑やかになっていくだろうが、反面アルデやプロといった辺りになると、最近でもその兆候は現れているが、守るものが居ない故に序盤はレースも後半は2砦狩りという傾向が更に加速していくものと思う。

今のところはやれ解散だ、再編だで目まぐるしく主役が入れ替わってはいるが、最終的には「超大手」が存在する一部の鯖や、或いは一部の過疎鯖のように極々一部の同盟が特定の砦を独占的に取り続けるような、そんな戦況が生まれかねない。

先にも言ったが、現にBHなどを筆頭に肥大化の傾向のある大手が居れば、プロやアルデなどでは2砦派遣のメンツにすら勝てないギルド・同盟が多いような状態でもあり、寡占化の兆候は出てきている。

今の時点ではとりあえず上級や流星に期待というところだが、最近はいきなり有力候補同士の同盟も目立つだけに、本当の意味での一からのスタートを切る同盟が出てこないとなると、今後が不安だな。
[PR]
by arch_unyuu | 2006-03-09 21:00 | Odin全般
緊急ニュース:Crazy SANXが解散
本日は予定を変更してCrazy SANXの解散のニュースと今後の展望についてのニュースをお伝えする。

既報の通りCrazy SANXの解散がうるく氏より発表された。
再結成に関して含みも持たせた表現ではあるが、Revolter亡き後のodinでは唯一の最大手同盟として君臨していたCC同盟であったが、CSが解散することで事実上odinにはナンバーワンと呼べる同盟は存在しないこととなる。

まずは3年近くに渡ってodin攻城戦を支えてきたCrazy SANXとうるく氏には敬意を表したい。

さて、今後の展望だが、オレの正直なところを言わせてもらうと、CC同盟ほど強力な組織力を持ったGvギルド・Gv同盟というものはodinの中でもなかなか存在しないものと思っており、この解散はodinというサーバーの攻城戦戦線への大激震となることだろう。

一応、CS以外のギルド、例えばColors系であり、Gildroizなりに残存のメンバーを詰め込めばそれなりの戦力は確保できるかもしれない。
しかし、やはりうるく氏のカリスマというものは絶大であり、これを期に休止なり何なりをするメンバーというのも多数見受けられるため、ではそういうスタイルでどれだけ戦えるのかというのは未知数な部分もあると思う。

今後はやはり規模からしてFF・BH・RdLS・FMMが筆頭格として君臨するだろうが、CC・Revと比べてそれらの同盟がどうか、と言われればどこにも「コレは」という絶対性を感じない。

この4つの同盟には必ず目に見える弱点が感じられるわけであり、少なくとも弱点も他からは弱点に見えないほど完成されていたCCと比べると、弱いところを突かれれば容易に落ちるというのがオレからの印象である。

だが、現状で確かにこれらの同盟は最大で100名もの人員を確保できるような同盟ばかりである。
そういう意味では、まず勢力でこの4つの同盟に対抗できる同盟ほとんど無く、これらの同盟に何か解散・離脱劇でもない限りは、コレ以下の同盟がこれらの同盟に真正面から食いついていけるとは思えない。

しかし、ここからどこか一気に他を突き放す同盟が出てくるかというと、質的に図抜けたところは無い、戦略的に極限まで煮詰まったところも無い、と同盟の成長に賭けるしかない状態であり、様子を見続けるしかないのが現状である。

|´ρ`)ノ たべれんのぉ?/うるく氏
http://d.hatena.ne.jp/ulc/20060306
ただひこォゥィェ日記J´⊇`し デスヨー/ただひこ氏
http://d.hatena.ne.jp/viper03/20060307
狩りと精錬と暇と攻城戦/くさなぎもとこ氏
http://blog.livedoor.jp/elehayym69/archives/50641432.html
(。・ω・)ノあるびすの日記っぽさい/あるびす氏
http://blog.livedoor.jp/alviss777/archives/50374230.html
ろぜろぐ/ろーぜりお氏
http://blog.livedoor.jp/roselog/archives/50532256.html
[PR]
by arch_unyuu | 2006-03-07 14:30 | Odin全般
ニュース拾い読み
さて。
珍しくニュースの時間だ。
今週は注目すべき動きがいくつか入ってきたので、その点を考えてみようと思う。

★BH同盟と迷宮同盟が同盟締結へ
今週よりの模様である。
双方の同盟の実力を考えれば、昨年夏のFMF同盟以来の大物同盟の誕生ではないだろうか?
BHには、先日の再編以降様々な同盟情報が流れ、またその情報も続々と寄せられていたが、その相手とはウワサ通り迷宮であった。

数に関してはやはり大手中堅格の2同盟である。
CCやRdLSといったodin最大規模の同盟と同等か、上回るレベルに到達していることは間違いなく、その気になれば傭兵無しでも容易に3ケタに乗る戦力を確保できそうである。
つまり、「数ゲー」で通用する限りの部分では一躍odinトップクラスに躍り出たと見ていい。

質の面に関してはBHは元大手同盟であり、非常に高い質の戦力が揃っていると見るが、一方迷宮の方は中堅としては上等でも大手格同盟と比べれば少々見劣りするレベルだろう。
つまり、大手の血が入る分RdLSやFMMといった新興の大手勢力よりは有利になるかもしれないが、CCよりは若干劣るレベルといったところか。

つまり、実力的に考えれば間違いなくゲフェン2砦は狙えるレベルにあるし、早々に打ち負かせる同盟というものも存在しないだろうが、現状においてはアラも容易に見つかりそうである。

★らくりまくりすてぃ~、攻城戦撤退
SSG同盟である。
らくりまというと、かなり古くからSSG同盟の一角を支え続けていた存在であると同時に、SSGの置かれている微妙な立場というものを勘案すればたった1ギルドの離脱とはいえ、かなり苦しい運営を迫られるものと予想する。

以前もLaw and Orderが脱退したときにはSLIが加入するまで不振に陥ったことがあったが、SSGの同盟としての成長や対抗勢力との格差を考えれば、前回と同じパターンにはまり込む可能性は極めて高い。

やはりSSGの場合、防衛に偏重した戦力バランスを持つだけに、レースをしてどうこうというのは見かけないし、砦の格を下げようにも下はプロンテラくらいしかなく、流星や上級といった新興勢力も育ってきているので、余計ネガティブな要素というものが明確に見えてくるのである。

★リーベルングの歌、解散
MADB同盟であるが、今後も何らかの形でリーベルングの歌系の人間もMADBから参戦するということで、SSGよりはダメージは少ないのではないかと思う。
逆にリーベルングの歌分のギルド枠を傭兵に回すような戦略も取れるようになるワケあり、現に先週はBoKが傭兵として既に参戦していたと聞く。
発展的解散と考えれば面白いかもしれない。

★更新遅延のお知らせ
都合により次回攻城戦のまとめの更新は2/27夜以降の更新となりそうだ。
予めご了承いただきたい。
[PR]
by arch_unyuu | 2006-02-25 23:00 | Odin全般
再編劇は終わったか
中堅勢の躍進や、大手同盟の再編劇などここ数ヶ月間は非常に大きなうねりの押し寄せていたodinの攻城戦戦線であるが、オレとしてはやはりここ数週の結果や戦いを見るに、粗方の動きは漸く終わったように思う。

以前と違うポイントとしては、大規模な傭兵ギルドが登場したことで、それらの同盟がどこに雇われるか・または勢力的には同盟入りも考えられる中でどこに付くか、その辺り以外に大きな不確定要素は無くなったように思う。

特に再編に関してはかなり早くこれらの動きが収まったように思うが、やはり1月末の攻城戦中止が与えた時間的猶予以外にも、それらの大手同盟の実力がそれほど落ちていなかったこと、それ以降に解散したBoKや最近不調だったEVEも、それらの再編同盟と足並みを揃えるように身の丈に合った砦へ揃って流れたのが、現在の再編の流れの収束に拍車をかけたと思う。

ここで各砦の主力級の同盟を見てみよう。
オレとしてはゲフェンはCCを中心にBH・FF・RdLS・FMMが、フェイヨンはSf・闇夜・NT、アルデバランはでこぼこ・SSG・EVE辺りを中心に、- ⅹ -やMADBのような血気盛んな同盟が面白そうだ。

実力を考えてみても、ここから現有の戦力で下克上を決められそうなほど実際の規模の大きな同盟というのは存在しないし、また各同盟共に実力相応の砦に綺麗に集中する様相を見せているので、また解散などがない限り早々に大きな動きが表れることは無いと考える。

またフェイヨン~アルデバランは、ココを中心に活躍する同盟が多いだけに、見た目は荒れ模様のような展開が多くなるかと思うが、個々の同盟の力を考えれば想定の範囲内といったところで、再編云々とはほとんど関係はないと見る。

まあ、現在の中で一番不確定要素を含んでいる同盟を敢えて挙げるとすればBHである。
BH同盟が新しい同盟先を探しているというのはプロ南でも目撃されている話であるし、またそれの相手というのもなかなか名のあるところであるということが、耳寄りな情報として多数寄せられている他、ウワサとしてもかなり広まっているところは気になるポイントである。
[PR]
by arch_unyuu | 2006-02-21 17:30 | Odin全般
ニュース:BoK同盟解散
http://blog.livedoor.jp/bokro/archives/50342207.html

残念なことにBoK同盟が解散した模様である。
降って湧いたような解散劇であり、非常に驚いている。

Thawless Snowの同盟脱退のニュースは昨日の時点でキャッチしていたため、これに絡めて明日周辺の事情を考えようと思っていた矢先のことである。

個々のギルドで明確にBoK離脱を表明しているのが、このTSのみであったため当初はココのみの離脱かと考えていたのだが、どうやら事情が違ったようだ。

今のところ、その他の同盟に関しては動向が伝わっていないだけに、来週以降どうなるかは不明である。
しかし、傭兵・レーサーとなれば、ある方面からは攻城戦は面白くなる反面、中堅戦線はBoKのような安定感のあるところはまだ少ないだけに、混沌としそうである。
[PR]
by arch_unyuu | 2006-02-08 04:00 | Odin全般
ニュース:迷空同盟解散
攻城戦が無い日曜の夜長というのも久々だったな。
オレとしては結構イイ休暇になった。

さて、予てからウワサされていた通り、迷空同盟が解散したようである。
Beyond the Skyのマスター休止による再編のためと聞いたが、来週以降の傭兵先を募集していたりと、活動そのものはアクティブなようであり傭兵的な視点からそれなりに台風の目となりそうな気配である。

また、一方の迷宮側も今度の同盟解除に伴い、一旦レース活動だか傭兵業だかを始めるという話であるが、果たしてそれが攻城戦にどういう影響を与えるかが楽しみである。

中堅勢力としての迷空同盟はここに終焉を向かえ、攻城戦戦線は新たな局面を迎えた。
所謂ひとつの同盟勢力という視点から見れば、迷宮とBtSというギルド(同盟)は今回の解散劇で同盟勢力としての存在感は無くなったかもしれない。

しかし、それが傭兵となると双方共に腕に覚えのあるもの同士である。
それが傭兵となってどこかの同盟の側についたとき───やはり実力派の中堅として鳴らした者たちの力は間違いなく同盟を変えるほどの力と存在感を発揮することだろう。
また、レーサーとして活動するにしても、従来のレーサーの枠を超えた実力と存在感があることは間違いなく、レース活動を通じて攻城戦をかき回す存在となることだろう。

折りしもBHとFFの再編劇により、一層大手と中堅の境目は曖昧となった。
迷宮とBtSが今までとは違った立場から攻城戦に参戦することを活かし、この期に乗じて一気に勢力を伸ばそうとする同盟が現れても全くおかしくは無い。
[PR]
by arch_unyuu | 2006-01-30 13:30 | Odin全般
今週の攻城戦は中止になりました。
既報の通りである。

今週の攻城戦はパーティバグの発覚により、中止となった。
詳しくは公式サイトより。
[PR]
by arch_unyuu | 2006-01-29 19:00 | Odin全般
odinに変革の風は吹くか?
というワケでまた混沌としてきた感のある攻城戦戦線である。
有力同盟の相次ぐ再編により、勢力図はかなり塗り変わりそうである。

■BraveHeart続報
最近はBHマスター接続低下説など、根強いBH崩壊説が蔓延っていただけに、今回のニュースは衝撃的なものでありながら、ある意味では想定された出来事であったと思う。

しかし、これが同盟崩壊を意味するかというと、ギルド再編色が強い模様。
マスター不在が公然とウワサされるほどに、ギルドの機能不全状態が続いていたのは問題だと思うが、そこを解散とせずに再編としたのはやはり攻城戦などへの意欲の表れか。
特にBHほど高度に成長したギルドの戦力の流出というのはある意味でかなり厳しい側面もあるが故、同盟の求心力の維持のためにも現有戦力の出来る限りの確保というのは必要なことと思う。

一先ずは本日攻城戦が行われる故、ギルド・同盟としての動きが出るのは今晩以降、攻城戦に対する影響は来週以降にならなければ分からないだろう。
しかし、やはりひとつのギルドの歴史が一度リセットされる以上、同盟にも少なからぬ影響があるものと思われる。

再編のウワサされるFF同盟と合わせて、大手2同盟がほぼ同じ時期にこのような形で大手としての歴史に終止符を打つこととなりそうなのは皮肉なものである。

■今後の攻城戦はどうなるか
BH・FFと共に、迷空も1月末で同盟解体となると言われている。
そうなってくると有力な同盟が3つも再編の波に飲まれ、しかもその内2同盟は大手なのだからこれは大変な変革が起こりそうな気配である。

昨年もRevLDT解散に端を発する同盟勢力の再編があったが、あの当時はまだ大手と中堅の実力にはかなりの差があっただけに、大手中堅間の争いという意味では有力な中堅同士の同盟が実現したFF同盟以外に目立った実績を安定して上げることの出来た同盟は生まれなかった。

しかし今や中堅勢は大手に肉薄するほどに実力を付けてきている。
故にオレとしては中堅は中堅で争い、その中からFF同盟が「中堅代表」的な立場から大手に挑んでいった昨年とは違い、RdLSやFMM辺りを筆頭にかなりの数の同盟が堂々とゲフェンを狙い始めるような状況が生まれるのではないかと思う。

もちろん・再編等を経て戦力が低下しているとはいえやはりFF・BHというのは中堅のレベルから見れば超有力候補であるし、逆にそれらの同盟が弱っているからこそEVEや鏡花、BoK辺りがどういう手段で戦線に食い込んでいくかにも興味がある。

最も、やはり同盟としての勢力を維持するのに最低限必要なものは「強固な結束」である。
BH・FFともに古参だけに、ある意味では「来るべき日が来た」という感じだろうが、今の新鋭の同盟たちはそういう「来るべき日」はまだ先であることと思いたい。
早々に不必要な不協和音を起こして早々に崩壊する同盟でないことを祈るばかりである。

しばらくの間攻城戦はかなり荒れそうである。
[PR]
by arch_unyuu | 2006-01-29 05:00 | Odin全般