おでんの屋台
odenya.exblog.jp

ラグナロクオンライン・odinサーバーに住むアークエンジェリングの悪うにゅうが見つめた日々の記録。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
odinに変革の風は吹くか?
というワケでまた混沌としてきた感のある攻城戦戦線である。
有力同盟の相次ぐ再編により、勢力図はかなり塗り変わりそうである。

■BraveHeart続報
最近はBHマスター接続低下説など、根強いBH崩壊説が蔓延っていただけに、今回のニュースは衝撃的なものでありながら、ある意味では想定された出来事であったと思う。

しかし、これが同盟崩壊を意味するかというと、ギルド再編色が強い模様。
マスター不在が公然とウワサされるほどに、ギルドの機能不全状態が続いていたのは問題だと思うが、そこを解散とせずに再編としたのはやはり攻城戦などへの意欲の表れか。
特にBHほど高度に成長したギルドの戦力の流出というのはある意味でかなり厳しい側面もあるが故、同盟の求心力の維持のためにも現有戦力の出来る限りの確保というのは必要なことと思う。

一先ずは本日攻城戦が行われる故、ギルド・同盟としての動きが出るのは今晩以降、攻城戦に対する影響は来週以降にならなければ分からないだろう。
しかし、やはりひとつのギルドの歴史が一度リセットされる以上、同盟にも少なからぬ影響があるものと思われる。

再編のウワサされるFF同盟と合わせて、大手2同盟がほぼ同じ時期にこのような形で大手としての歴史に終止符を打つこととなりそうなのは皮肉なものである。

■今後の攻城戦はどうなるか
BH・FFと共に、迷空も1月末で同盟解体となると言われている。
そうなってくると有力な同盟が3つも再編の波に飲まれ、しかもその内2同盟は大手なのだからこれは大変な変革が起こりそうな気配である。

昨年もRevLDT解散に端を発する同盟勢力の再編があったが、あの当時はまだ大手と中堅の実力にはかなりの差があっただけに、大手中堅間の争いという意味では有力な中堅同士の同盟が実現したFF同盟以外に目立った実績を安定して上げることの出来た同盟は生まれなかった。

しかし今や中堅勢は大手に肉薄するほどに実力を付けてきている。
故にオレとしては中堅は中堅で争い、その中からFF同盟が「中堅代表」的な立場から大手に挑んでいった昨年とは違い、RdLSやFMM辺りを筆頭にかなりの数の同盟が堂々とゲフェンを狙い始めるような状況が生まれるのではないかと思う。

もちろん・再編等を経て戦力が低下しているとはいえやはりFF・BHというのは中堅のレベルから見れば超有力候補であるし、逆にそれらの同盟が弱っているからこそEVEや鏡花、BoK辺りがどういう手段で戦線に食い込んでいくかにも興味がある。

最も、やはり同盟としての勢力を維持するのに最低限必要なものは「強固な結束」である。
BH・FFともに古参だけに、ある意味では「来るべき日が来た」という感じだろうが、今の新鋭の同盟たちはそういう「来るべき日」はまだ先であることと思いたい。
早々に不必要な不協和音を起こして早々に崩壊する同盟でないことを祈るばかりである。

しばらくの間攻城戦はかなり荒れそうである。
[PR]
by arch_unyuu | 2006-01-29 05:00 | Odin全般